ユニオンくりっぷ New Post

【ロンドン駐在妻】ロンドンで風邪ひいた時どうするの?? ロンドンでの医療関係の体験談~GP登録~

皆さんこんにちは!
イギリス駐在妻のユニオンクリップメンバーの「きいこ」です。 今回はイギリスでのGP登録について私の体験談をシェア!

みなさん、イギリス・ロンドンで風邪を引いてしまった時など、どうするべきか知っていますか??

「え?病院行けばいいんでしょ」と思ったそこのあなた!

医療制度というのは国によって結構変わってくるんですよ!!

イギリスで風邪を引いて、近くの病院に行ったからと言って、すぐに診察を受けることができるかと言われると意外と難しいです。

これは、救急車を呼ぶような急病や大きな怪我などを除く、軽度な風邪の場合をイメージしてください。

まず、町にある病院の目印は、サムネにもあるこの「NHS」という文字です。 これは国民健康サービスで、保険料を収めている人は、基本的には無料で受診することができます。

学生ビザやワーホリビザ、就労ビザなどを所持した状態でイギリスに渡航をする人は、ビザを申請するときに、この「NHS」の保険料を納付していますので、利用することができます。

ただし、利用するには、予め自宅の近くの「NHS」に自分の情報を登録しておく必要があり、これをGP登録と言います。

GP登録というのは、かかりつけ医を決めるというようなイメージです。

これを登録しないと、いざ風邪を引いたときに速やかな受診ができないことが多いです。

「え?風邪ひいたときに一緒にGP登録すればよくないですか?」と思う方もいると思いますが、この「NHS」は基本的にものすごく混雑しています。

そこで受診をしたい場合は、基本的に電話などで予約をしてから受診をするのが一般的。この予約をするのも予めGP登録していると手続きがスムーズですので、イギリスに渡航した後すぐに、自宅の近くの「NHS」を見つけてGP登録をするようにしましょう。

(GP登録しても、診療所の対応や症状によりますが、 何日も予約がとれない事があります。)

GP登録の仕方は動画を参考にしてください。

今後もイギリス・ロンドンへ留学、ワーホリ、駐在する人たちなどが知っておくと便利な情報を発信していきます。 ぜひチェックしてください。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP