ユニオンくりっぷ New Post

ギリシャ政府の新型コロナウイルス感染症対策(出入国制限措置の延長・一部変更)

ギリシャ政府は新型コロナウイルス感染症対策として出入国制限措置を課していますが、同措置が2021年1月21日まで延長されるとともに、一部変更がありました。

大きな変更点として、日本を含む海外からの入国者に対する、入国後の自宅等での隔離義務期間が3日間から7日間に延長されましたので、ご注意ください。

1 入国制限(延長) 
 ギリシャ政府は、非EU・シェンゲン協定加盟国からの入国制限を行っていますが、例外的に日本をはじめとする一部の国に対して制限を緩和しています。 
 2021年1月21日まで同緩和措置が延長され、日本、豪州、ニュージーランド、ルワンダ、韓国、タイ、アラブ首長国連邦、シンガポール、英国の居住者は引き続きギリシャへの入国が可能となっています。

ギリシャ出入国時に必要な手続き(延長・一部変更) 
(1)ギリシャ入国時
ア 電子登録フォームによる登録
 全ての入国者は、事前にインターネットサイト(https://travel.gov.gr)から、電子登録フォーム(Passenger Locator Form(PLF))での登録を行い、登録後に当局から送信されてくる自動応答メッセージを入国時に提示する義務があります。同メッセージ及びQRコードは、入国時に必要な書類とみなされます。 
※登録期限については空路の場合は「24時間前まで」「到着の前日まで」などとされており、陸路については「到着までに」とされています。いずれにしましても、十分余裕をもって登録することをお勧めします。海路については記載がなされてません。 

イ 事前PCR検査(陰性)結果の証明書提示義務
 空路・陸路からの入国ともに、到着前72時間以内に実施された事前PCR検査(陰性)結果の証明書の提示を求められます。証明書は英語表記で、旅行者氏名及び旅券など身分証明書番号の記載が求められます。 

※ギリシャ政府HP(travel.gov.gr)によれば、10歳未満の年少者(以前の政府発表に基づけば「2012年以降に生まれた者」)に対しては、この事前PCR検査義務を免除するとのことです。また、検査方法について鼻腔又は口腔内粘膜から採取されたPCR検査と指定があり、かつ検査機関の要件については以下のとおりとされています。 

・各国のナショナル・レファレンス検査機関(当地におけるパスツール研究所等) 
・各国の公立公衆衛生検査機関
・各国の保険衛生当局が認証した民間検査機関(必ずしも新型コロナ専用検査機関である必要はない) 

ウ 入国者に対する7日間の隔離義務
2021年1月21日までの間、ギリシャへの全ての入国者に対して7日間の自宅等における隔離が義務づけられます。
これまで、隔離義務期間については、英国からの入国者は10日間、その他の国・地域からの入国者については3日間となっていましたが、これが変更となりました。
なお、英国からの入国者は7日間の隔離後にPCR検査を受けなければならず、陽性反応の場合は、14日間の更なる隔離義務が生じるとのことです。

エ サンプリング検査(ラピッドテスト)の実施
 入国時に行われているサンプリング検査が継続実施されるとのことです。検査対象となった場合、検査結果がでるまでの間、隔離を求められ、陽性反応が出た者については、その後14日間の隔離措置となります(陸の国境では陽性者は入国を拒否されます)。

(2)ギリシャ出国時の電子登録フォーム(PLF)による登録(延長・一部変更)
 全ての出国者は、電子登録フォーム(Passenger Locator Form(PLF))のサイト(https://travel.gov.gr)を利用して、登録することが義務づけられています。家族単位の移動であれば1枚でまとめて登録できるそうです。 

※ギリシャ出国時のPLFの登録義務について、ギリシャ政府の発表に下記のとおり内容に齟齬が生じています。 

ア 対象者:ギリシャ政府の発表では、対象者について「全ての出国者」「ギリシャ人旅行者」「ギリシャ居住者」と様々な記載が見られます。トラブル防止のため、登録されることを強くお勧めいたします。 
イ 登録期限:ギリシャ政府の発表に「24時間前までに登録すること」「出発前までに登録すること」との異なる記載が見られます。可能な限り24時間より前に、早期の登録を強くお勧めいたします。 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP