ユニオンくりっぷ New Post

【第6話】イタリア在住!海外生活11年目元パリピアラサーあいのMBA出願までの準備~アメリカMBA編~

ボンジョルノ! メキシコ8年、ミラノ約4年のUnionClipのあいです。 数あるブログの中から、 私のブログへお立寄りくださりありがとうございます。

「あいのドキドキ・ワクワクオンラインMBA冒険」では、 長期海外生活の不安、オンラインMBA出願までの準備方法、MBA合格からの準備や気持ち等をお伝え致します。 海外生活やMBAに興味ない方や何か始めたいけれど何を始めたらいいか分からない方にも楽しんで学べる内容にしているので最後まで読んでくれたら嬉しいで。応援してもよいと思って頂ける方は、コメント頂けましたら幸いです。海外にいながら日本のビジネススクールを選んだ理由や、外国人とどのように英語でMBAを勉強するのか等お伝えするので、おつきあい下さいませ。ブログと連動したYoutubeでは、より具体的な勉強方法や気持ちの変化についてお伝えしておりますのでブログとご一緒にご覧いただけましたら幸いです。

海外生活11年実績: アメリカ(オハイオ州・イリノイ州シカゴ)・フィジー・メキシコ・イタリア ※無断転載はお断りしておりますがリブログは大歓迎です。

第6話、MBA出願は決めたのはいいけど、どこの学校に行きましょうか?

4月は出願する学校選びに専念しました。

私の選ぶ優先順位はこちら!

①価格

②GMAT無し、出願要件とわかりやすい説明

③オンラインとライブ

とにかく価格にこだわりました。現地採用+メキシコ生活が長い+ミラノ生活が高いので、今回の出費は3月まで想定外でした。

MBAといえばアメリカ!

Most Affordable Online MBA Programs(最も手頃なオンラインMBAプログラム)で検索後、個別のウェブサイトで確認しましたが、3つの理由でやめました。

■大学やコースの良さが伝わってこないウェブサイトや参加できるイベントがなかった

■アメリカ以外の大学卒業証明書と成績証明書を専門の機関や団体を経由して送る費用と手間

■ライブではなくオンライン学習のみであること

■大学やコースの良さが伝わってこないウェブサイトや参加できるイベントがなかった

2021年9月に入学をしたかったので、出願を6月頃でした。大学を選び始めたのが4月だったので、出願までに約2ヶ月。出願に必要な書類準備に1ヶ月と考えると、参加可能なイベントは4月中。

なかなか参加できるイベントがありませんでした。

■大学卒業証明書と成績証明書を専門の機関や団体を経由して送る費用と手間

海外にいるので、日本で準備する内容が多すぎました。母に代理で準備してもらうのも大変です。

大学証明書と卒業証明書を大学に郵送で申請までの準備。

届いてから、専門機関への郵送の後、大学への郵送。

価格も約3万円くらいかかります。

とても頼める内容ではありません。

■ライブではなくオンライン学習のみであること

オンラインMBAは2020年から流行り始めましたが、完全オンラインの不安がありました。

サポートはどのように受けれるのか?ネットワークはどのように作れるのか?

高額な投資なので、こんな質問を残したままで出願したいとはなりませんでした。

イタリアで受けるオプションも考えましたが、約500万円だったのでやめました。

一方、日本は約300万円が相場だったので、日本のMBAを調べ始めました。

おまけ

今回の写真は、アメリカ、San DiegoとLAでパシャリ。スキーに行きました!

次回は、海外生活11年目元パリピ、アラサーあいのMBA出願までの準備~日本MBA編~をお届けします。現地採用として海外生活中の人、またはこれから海外生活をする方!海外生活の不安アルアルを赤裸々にお伝え致しますので、お役に立てれば幸いです。もし質問があればお気軽にご連絡ください。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP